WEB予約
初診予約※初診限定

初診の方は、下記よりご予約を
承ります。表示される予約表の
空き時間をご確認の上、お申し込みください。


初診限定予約フォーム
コールバック予約

初診以外、二度目からの患者様は下記フォームから、ご予約を承ります。当院で空き時間を確認後、折り返しのご連絡をいたします。


コールバック予約フォーム





TOPNEW INFO 最新のお知らせ > 自由が丘 焼鳥 いち

2019.02.02 : 自由が丘 焼鳥 いち

院長の髙木です。
本日ご紹介するお店は「自由が丘 焼鳥 いち」。

希少な黒岩土鶏を一流の焼き手が焼く最上級の焼き鳥屋さんで、昨年の11月にオープンしたばかり。
黒岩土鶏とは宮崎県の尾鈴山の黒岩牧場で放し飼いにされている鶏で「地鶏」ではなく「土鶏」と呼ばれています。
黒岩土鶏の育種はフランス系の赤鶏「ラベルルージュ」。えさはオーダーメイドの飼料で、国産トウモロコシや穀類が主で、抗生物質など化学合成物質を一切配合されていないもの。鶏は具合が悪くなると、土を食べるそうです。そうして自分で体調を整える。人間の都合で早く出荷したい、早く太らせたい、と本来の鶏とは違う成長をさせると、抗生物質や薬をあげないと生き残れないようになってしまうんですね。黒岩土鶏の飼育日数は120日以上で、長い時には180日に及ぶこともあるそう。ブロイラーは50日。地鶏の規格として定められている期間でも80日以上だから、2~3倍の期間がかかります。
こちら「いち」では黒岩土鶏を新鮮なまま丸鶏で入荷されているため、行くたびに出てくる部位が違います。
鳥にはもも肉はほとんどなく、飛ぶための翼があり、胸筋を使うので、胸肉が発達するため、おいしい鶏は胸肉が一番美味しいそうです。

火は炭火焼き。カウンターの向こうで、集中して焼いているのが見えるので食欲がそそられます。

お勧めは「だきみ」。胸肉を皮で包んだ塩焼き。胸肉から出る肉汁と、皮からにじむ脂がまじわって、いいお味に仕上がってます。

是非一度 黒岩土鶏を!
自由が丘 焼鳥 いち
目黒区自由が丘2-11-7 La Tour Can-dela 3F
TEL 050-5596-8336
16:30~24:00(LO.23:30)
不定休



ページTOPへ