WEB予約
初診予約※初診限定

初診の方は、下記よりご予約を
承ります。表示される予約表の
空き時間をご確認の上、お申し込みください。


初診限定予約フォーム
コールバック予約

初診以外、二度目からの患者様は下記フォームから、ご予約を承ります。当院で空き時間を確認後、折り返しのご連絡をいたします。


コールバック予約フォーム





TOPNEW INFO 最新のお知らせ > 私の好きな映画⑱

2021.03.19 : 私の好きな映画⑱

院長の髙木です。

このところ連続してD・ハンナの映画をご紹介してきましたが、キル・ビルのエル・ドライバー役の強いキャラしか知らない方がいたり、また有名どころのマグノリアの花たちSteel Magnoliasでの眼鏡をかけた、ややあか抜けないアネル役のD・ハンナしか知らない方がいたら残念なので代表作をいくつかご紹介してまいりました。

D・ハンナは身長178cmと背が高く、当時は美しくてどこか人間離れしたような不思議な雰囲気がある女優さんでした。そのせいか、人魚やレプリカント(アンドロイド)など人間じゃない役や、どこか人と変わった役がら(彗星の研究をしている天文学者など)が多い女優さんなんですね。


まだまだ彼女が出演している映画をご紹介したい気持ちは山々ですが偏執的になってしまいますのでD・ハンナの映画のご紹介は今回で終わりにします。

ラストを飾る作品は1993年の「愛しのジャイアント・ウーマン」。ちょっとB級映画だと思われるかもしれませんが、この作品は彼女が共同制作(co-producer)としても名を連ねる、ファンにとっては正に神的な作品なのです(笑)。ナンシー・アーチャー(ダリル・ハンナ)は、仕事のことしか頭にない父親(ウィリアム・ウィンダム)と浮気性の夫ハリー(ダニエル・ボールドウィン)に挟まれ、いつも自分を押し殺していた。

ある晩、ハリーの浮気現場で何もできず、ナンシーがむなしく車を走らせていると、UFOが飛んできて・・・。

ナンシーのUFO話は誰も信じず、人目ばかり気にする父親と、義父の財産を狙うハリーは言い争ってばかり。そんな二人に初めて怒りをぶつけたナンシーだったが、突然体に異変が起こる! 

D・ハンナが巨大化している!

ナンシーの運命や、いかに!?  D・ハンナのラヴリィな魅力炸裂です!

近年は、動物愛護や環境保護運動に熱心に取り組み、夫のニール・ヤングとともにロッキー山脈にある小さなコミュニティで自給自足の生活を送っているそうですが、いつの日かまた映画に出演してほしいですね。
「いやぁ、映画って本当にいいもんですね。」映画のご紹介はしばらく続けて参りますのでお楽しみに!



ページTOPへ