WEB予約
初診予約※初診限定

初診の方は、下記よりご予約を
承ります。表示される予約表の
空き時間をご確認の上、お申し込みください。


初診限定予約フォーム
コールバック予約

初診以外、二度目からの患者様は下記フォームから、ご予約を承ります。当院で空き時間を確認後、折り返しのご連絡をいたします。


コールバック予約フォーム





TOPNEW INFO 最新のお知らせ > 私の好きな映画㉔

2021.04.25 : 私の好きな映画㉔

院長の髙木です。東京、大阪、兵庫、京都の4都道府県を対象にした3回目の緊急事態宣言が本日から来月11日まで出されました。今月24日の新規感染者数は、東京で2回目の宣言解除以降、最多となったほか、大阪では5日連続の1000人超え、兵庫と京都では過去最多となったそうですね。不要不急の外出や感染拡大地域との往来をできるだけ控えるとともに、在宅勤務の活用や大型連休中の休暇取得を促し、出勤者の7割削減を目指すそうですが・・・個人的には2週間余りという期間は効果を評価するにはあまりにも短いと思っています。まだまだステイホームは続きますので、引き続き、自宅で楽しめる娯楽の一つである映画のご紹介をしていきたいと思います。

今回ご紹介する作品は2010年に公開された文通を交わす若い兵士と大学生を描いたアメリカ合衆国の恋愛映画「親愛なるきみへ」(原題: Dear John)。「きみに読む物語」で知られるニコラス・スパークス原作のベストセラー(邦題「きみを想う夜空に」)を、名匠ラッセ・ハルストレムが映画化したラブストーリー。主演はチャニング・テイタムとアマンダ・サイフリッド。
銃撃された時に思い出したのは8歳の時に造幣局でコインが造られる場面だったという。
休暇でドイツからサウスカロライナに帰省中の米特殊部隊のジョン(チャニング・テイタム)は帰省中の南部の裕福な家庭に育った女子大生のサヴァナ(アマンダ・サイフリッド)と海辺で出会い、恋に落ちた。

ジョンは「月の大きさは片目をつぶればどこにいても親指の大きさで同じだ」という。サヴァナを傷つけたら許さないというティムの息子は自閉症で、ジョンの父も自閉症だが、男手一つで育ててきた。1年で帰国したら除隊すると約束する。ジョンは対人関係が苦手だが、南部の裕福な家庭で愛情たっぷりに育った陽気なサヴァナは自閉症の子供たちの施設を作るという。ジョンの父を見たからというので喧嘩して他人を殴ってしまう。

めくるめく2週間を過ごし、深い愛情の芽生えを感じ始めた頃、無情にも休暇は終わり、ジョンは戦地へ、サヴァナは大学へと戻らなければならなかった。
2人は手紙を交換し始めるが、ジョンは軍の機密で任地や任務を告げることもネットもできない。ジョンの父が大切にしている混刻のエラーコイン(Mint-made errors)は4000ドルもするが、手放すなとコイン商にいわれてコレクションを始めたものでそのおかげで貧しくなった逸話のあるものだった。

9・11同時多発テロ事件が起き、 チャールストンに18時間だけ会いにいき、両親と会わせる予定が父のせいでキャンセルになる。ジョンは任務を延長せざるを得なくなる。サヴァナから別れの手紙が届き、手紙を全部燃やす。被弾するが、ショックから激戦地を希望。父の脳卒中で帰されたジョンは貧窮にあるサヴァナと再会。「私だって戦地のあなたと同じ苦しい思いをした」といわれ、別れる。
5年後、戦場のジョンにサヴァナから手紙が届く。ティムのガン治療のために匿名の寄付があり、最後の2カ月を過ごせたといい、「どんなに時が過ぎても変わらない真実が1つある、すぐに会おうね」。

手紙を送り合うのが素敵で、雰囲気が良いので、恋愛映画が好きな方にはオススメです。「いやぁ、映画って本当にいいもんですね。」



ページTOPへ