WEB予約
初診予約※初診限定

初診の方は、下記よりご予約を
承ります。表示される予約表の
空き時間をご確認の上、お申し込みください。


初診限定予約フォーム
コールバック予約

初診以外、二度目からの患者様は下記フォームから、ご予約を承ります。当院で空き時間を確認後、折り返しのご連絡をいたします。


コールバック予約フォーム





TOPNEW INFO 最新のお知らせ > ダイアグノデントペンをMI治療に導入しています①

2012.10.29 : ダイアグノデントペンをMI治療に導入しています①

MIとはミニマルインターベンション(Minimal Intervention)の頭文字です。
2002年のFD宣言で世界中に配信されたムシ歯治療の概念です。
その内容の要約は
「ムシ歯は感染症である」
「患者教育の徹底」
「う窩を形成していないムシ歯は経過観察を行い、再石灰化に導く」
「う窩を形成していないムシ歯は最小限の侵襲で治療を行う」
「欠陥のある補綴物は予防的観点で積極的に補修を行う」
というものです。

ムシ歯治療において従来の診査方法だけでは経時的な状態を把握できないため、治療のタイミングが判断できないだけではなく、患者さんに状況が説明できないため、MI治療が実践しにくくなります。
口くうの2大疾患である「歯周病」と「ムシ歯」。その検査の目的を比較すると歯周病ではプロービングなどで進行度を数値で管理することを目的としているのに対し、ムシ歯の検査は経過を観察する手段がなく、目的が大きく異なっています。
当院では歯周病と同じくムシ歯の状態を経時的に数値で管理できる「ダイアグノデントペン」を使用しています。
これにより「見つけてすぐに削る治療」から「進行状況に合わせて適切に管理する治療」を実践しています。

              副院長 髙木容子



ページTOPへ