WEB予約
初診予約※初診限定

初診の方は、下記よりご予約を
承ります。表示される予約表の
空き時間をご確認の上、お申し込みください。


初診限定予約フォーム
コールバック予約

初診以外、二度目からの患者様は下記フォームから、ご予約を承ります。当院で空き時間を確認後、折り返しのご連絡をいたします。


コールバック予約フォーム





TOPNEW INFO 最新のお知らせ > ダイアグノデントペンをMI治療に導入しています②

2012.11.05 : ダイアグノデントペンをMI治療に導入しています②

 これまでは数値でムシ歯の進行状態などを診査・診断するシステムは確立されておりませんでした。
 当院で使用している「ダイアグノデントペン」は歯にそっと沿わせ、歯面に655nmの低出力のレーザー光を照射するだけなので、痛みは一切なく、小さなお子様や妊婦の方(X線診断により被爆させることもありません)にも安心してご使用いただけます。測定された数値でムシ歯の進行状態をわかりやすくご説明できます。
 プローブから出たレーザー光は測定しにくい隣接面や小窩裂溝部のムシ歯の歯面から約2mmの深度まで到達し、ムシ歯のもつ特性である蛍光反射を読み取り、数値化します。定期的に使用することでムシ歯の進行状態を把握し管理することが可能となります。

 また、ムシ歯に留まらず歯周病の予防のためにはプラークコントロールや歯石除去が重要ですが、歯周ポケット内にペリオ用プローブを挿入することで歯石の大きさなどの判別にも使用できます。

 ダイアグノデントにより数値そのものも非常に大きな診断になりますが、数値そのものよりも数値の変化も大切です。メインテナンスにより数値が下がることがあるからです。ムシ歯が進行、停止を繰り返す性質からすぐに削るか否かの判別に有効です。ムシ歯の進行度合いを従来のレントゲン診査のみで確認することは真の進行度合いの把握にはなりません。これはあくまで結果であり、患者さん固有の進行度を測定するという観点から定期的な健診での数値化ということが本来の経過観察であると考えております。ただ「経過を見ましょう」というのは科学的ではありません。

ダイアグノデントの測定値における定められた基準はありませんが、以下はスイスのベルン大学のデータで一つの目安になります。
裂溝・平滑面       隣接面          診断~治療
0~12            0~7      (健全歯)歯面清掃(PMTC)

13~24           8~15      (エナメルう蝕)フッ素・積極的PMTCと経過観察・最小限侵襲的治療・う蝕のリスク因子検討

>25             >16      (象牙質う蝕)最小限の侵襲的治療・積極的PMTC

             副院長 髙木容子



ページTOPへ